環境保全技術

環境技術は、人為的な活動原因となって引き起こされる環境汚染を回避・低減・管理するための装置や技術的な方法に用いられる技術のことを指します。環境保護のためには、エネルギー生産における石炭、石油、天然ガスなどの従来型エネルギー源の割合を減らすと同時に、太陽、風、水などの再生可能エネルギー源の割合を促進する必要があると考えられています。昨今の環境意識の高まりに比例して、近年この分野の技術も急速に進化しています。同時に、この技術分野関連発明に対する知的財産保護の重要性も増しています。

この分野を専門とする事務所の弁理士は、特に以下の技術分野に精通しています:

  • 燃料電池
  • 電池技術
  • 太陽光発電
  • 風力
  • 電気自動車
  • 再資源化技術
  • 排気ガス処理・排水処理技術
  • 防音

環境保全技術部門の弁理士が、専門的な見地から、お客様の知的財産権に関するご要望にお応え致します。どうぞご遠慮なくいつでもお気軽にお問い合わせ下さい。

Dr. Christoph Hecht | 弁理士、パートナー
Adrian Huissel | 弁理士、パートナー